オンラインピルって安全?オンラインピルのメリット&デメリットとオススメのサイト

毎月来る生理とその辛い随伴症状、我慢していませんか?

 

Asu(あす)
私は、ロキソニンが切れると、腹痛で動けないくらい辛い生理痛と付き合っていました。

 

 

とうとう我慢の限界が来て、産婦人科を受診した際にピルを提案されて、試してみたのがきっかけです。

それから、10年近くピルにはお世話になってます。

 

皆さんは、現在ピルを内服していますか?

飲んでいるのであれば、わかると思います。

もし、ピルをオンラインで頼めるならすごくないですか?私も興味はありましたが、医療者として、オンラインで完結というのが安全性等どうなのか気になったので、調べてみました。

 

私は、かれこれ低容量ピル(トリキュラー)を10年近く飲んでいます。

毎回レディースクリニックに通い、採血、体重測定、医師の診察を受け、3ヶ月分ずつもらっていました。1シートだいたい3000円くらいですね。(トリキュラーの場合)

 

副作用もあるので、初めは産婦人科やレディースクリニックでの相談をオススメしますが、すでにピルを内服している方でしたら、オンラインでの処方も検討してみてもいいかもしれません。

 

Asu(あす)
この記事オススメな人♪
・すでにピルを安定して内服していて、

より手軽・安全にピルが欲しい方

・コロナ禍で何度も病院へ行きたくない人

・平日受診のためのお休み、時間が取れない人

・生理日の移動をしたい方

【オンラインピルって安全?】ピルについて

ピル

ピルには日常で使用する”低・中容量ピル”と避妊に失敗した際に使用する”アフターピル”の2種類があります。

低・中等量ピルの効果(メリット)

・避妊効果(きちんとした服用で99.7%)

・PMSと呼ばれる月経前に感情が不安定になる症状の緩和

・月経周期を安定させ、生理痛を抑える

・ホルモンバランスが整うため肌荒れが改善される

・子宮内膜症を予防し、不妊症になるリスクを下げる

・子宮体癌、卵巣癌のリスク低下

低容量ピルの副作用(デメリット)
・吐き気・頭痛・乳房のハリ・むくみ(内服後1〜2ヶ月)
・不整出血(20%)
血栓症:内服後3ヶ月以内に起こりやすいと言われる一番重篤な副作用
     血栓ができる割合としては年間10,000人に3〜9人と少ないですが、家族歴や喫煙歴、肥満などの方は注意が必要なので必ず内服を始めるときは医師と相談しましょう。

私個人の意見ですが、オンラインピルの処方は、初診からもしてもらえるようですが、初めて内服する方は、しっかりピルの作用・副作用を理解してから開始してください

【オンラインピルって安全?】私がピル内服を始めたきっかけ

元々、生理痛がかなり重く、生理がくると、ロキソニンを飲まないと眠れない、効果が切れると腹痛で目覚め、ベッドから動けないレベルでした。そして生理不順もありました。

 

それでレディースクリニックに通い始め、初めに先生にピルを提案されましたが、知識もなく不安だったので、ピル内服は保留とし、しばらく漢方療法、基礎体温を都度提出していました。

 

Asu(あす)
ただ、この漢方が本当に苦く、毎食後に飲むのが辛く、基礎体温を毎日計るのも大変でやめてしまいました。

 

そこで、担当の先生にしっかりピルについて説明してもらい、自分でも作用副作用について理解をし、検査をしてからトリキュラーを飲み始めたところ、生理痛が本当によくなり、痛み止めがいらなくなりました。さらに、生理も3〜4日で終わる、しっかり周期でくる、ニキビも改善された気がします。

 

旅行や大切なイベントがかぶるような時は、生理日を調整することもあります。

それからは、妊娠の予定もないので、ピル愛用者です。妊活するまでは、飲み続けたいと思っています。

私にはトリキュラー(低容量ピル)が合っていますが、それぞれ違うので、担当の医師と相談してみてください。




【オンラインピルって安全?】のメリット・デメリット

メリット デメリット
・登録・診療・お薬の受け取りまで全てオンラインで完結 ・オンラインは対面に比べ患者の状態がわかりにくい
・引越しや転勤後も継続しやすい ・利用者個人がしっかり薬についての情報を理解する必要がある
・病院・クリニックに行く時間がなくても大丈夫
・迅速な対応が難しいアフターピルもオンラインだと入手しやすい
・オンラインでも定期的に医師の診察を受けられる

オススメのオンラインピル診療サービス

①Pills U(ピルユー)

Pills U


Asu(あす)

Pills Uとはスマホで簡単に受けられる低容量ピルのオンライン診療サービス。予約・会員登録不要でスマホで簡単に受診できます!!!

Pills Uが選ばれる理由

1)待ち時間0分、最短3分で診察終了

2)忙しくても大丈夫!24時間体制で医師が診察してくれます

3)国内正規品が最短当日発送

4)アフターフォローが充実!(内服開始後2週間は無料で再診療してくれます)

5)月額2,565(税込2,822円)からとお求めやすい価格

Pills Uの利用方法

1)スマホから申し込む(24時間診察可能)

2)医師の診察(ビデオ、または電話で診察)

3)カード決済(選べる支払い方法|コンビニ後払い、口座振替、カード決済)

4)自宅へ発送(Pills Uなら化粧品としてお届け!!!)



↓オンラインでピルを処方してもらうならこちらから♪↓



 

②AnyPill

Anypill

出典:AnyPill公式ページ

Asu(あす)
AnyPillは、ピル特化の遠隔診療サービスです。クリニックと株式会社Next Paradigmが共同で立ち上げたサービスで、医師の診断を元に安全にピルの処方を行なっています。(アフターピルも取り扱いあり
ポイント
1)ピルの購入ではなく処方となるため、低容量ピルは正規ルートと通じている安全なピルを利用できる
  (個人輸入では偽物やピルの品質に問題がある可能性がある
2)土日祝日も含め毎日診療、10時-24時まで医師が常駐しているため、忙しくて平日に時間が取れない方にもオススメ
3)月額2330円(税込2563円)〜と続けやすい価格設定
4)低・中容量ピルは全て国から認可を受けたもの
  (アフターピルは72時間まで避妊が有効なノルレボに加え、120時間まで避妊効果があり、行為後から服用までの時間が空いても避妊成功確率が落ちにくいエラの取り扱いもあり)
5)ラインを用いた無料相談窓口あり
6)後払い対応もあり。また、長期間の処方でも1ヶ月ごとの決済・発送であり続けやすい
7)いつでも解約金なしで発送の停止が可能
Anypillの利用方法
1)Web上で問診に回答する
2)医師から電話で診察を受ける
3)薬が1−3日で届く
↓登録はこちらから↓

【オンラインピルって安全?】まとめ

世界ではピルの使用率がかなり高いです。日本でも、オンラインでの診療サービスが始まり、ピルがもっと身近なものになりました。

生理は我慢するものではないので、より安全・手軽に続けられるサービスが増えてきています。

薬なので、作用や副作用については自分でしっかり理解してください♪

またオススメなサービスを見つけたら都度更新していきます。

みなさんがハッピーライフを送れますように♪

 

 

 

こちらもぜひ応援してください👇

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

最新情報をチェックしよう!